ファンデーション直しの基本 化粧直しどうしてる?

日常生活での色々なパターンに合わせて、基本を押さえた上で必要な化粧直しの方法を説明していきましょう。

まずは基本から!

1)顔の全体を保湿ティッシュで押さえる
2)顔に保湿ミストを吹きかけて、なじませるように手で押さえる
3)直し用のパウダーをはたき、整える
4)固定のために、保湿ミストを吹きかける

それではパターン別にみていきましょう。対処法の後には、基本のお直しをして下さいね。

外歩きなどで汗をたくさんかいた時の化粧直し

状態…ムラはないものの、全体的に汗で化粧が落ちて、鼻や頬の毛穴にファンデーションの色が残っている。ゴワゴワしている感じで、キウイの皮のよう。
対処法…毛穴に残っているファンデーションは、ミストを含ませたティッシュでぬぐいましょう。

満員電車の通勤後の化粧直し


●状態…あぶらとり紙などを使う方が多いですが、そうするとツヤがなくなってしまいます。
●対処法…汗をたくさんかかない限りは、お昼ぐらいまで直さなくても大丈夫なことがほとんどです。

仕事が終わった時の化粧直し

状態…乾燥によって、全体的に粉っぽさが出る。鼻筋や目の下にしわができたり、ほうれい線が目立ちはじめます。
●対処法…水分補給にミストを使用。目の下には、化粧の上からでも塗れるアイクリームがオススメです。

大泣きしたときの化粧直し

●状態…涙の筋が目の下やあごの近くにできてしまいます。また、目の下や小鼻に赤みがでていることも。
●対処法…ティッシュにミストや乳液を含ませて、筋を拭き取りましょう。目の下や小鼻の赤みには、保冷剤や冷感ミストで冷やすのが良いですよ。

マスクをした後の化粧直し


●状態…1日中マスクをしていると、マスクをつけている部分とそうでない部分に色の差がでることがある。マスク跡が顔に残ることも。また、ほうれい線も目立ちやすい。
●対処法…目立ってしまったほうれい線や、マスクの跡にはミストを含ませたティッシュを使い、拭き取りましょう。そのあと、指で優しく抑えてなじませるとGOOD。
あまりにも化粧が崩れてしまったときは、洗顔からやり直した方が良い時もありますよ。

※参考資料 NIKKEI プラスワン

カバー力抜群のファンデーションはこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする